その他

PGAやジェンコは投資詐欺?投資詐欺の手口と騙されないためのポイントを解説

PGA ジェンコ

「PGAが飛んだ、もう人生おしまい」

「ジェンコに騙された!」

こんな恨みつらみを、SNSで見た事はありませんか?

これらの多くが『簡単にお金が儲かる』と言われてお金を預け、投資詐欺に合ってしまった人の悲しい末路です。

少し前まで、投資詐欺に合う人といえば「高齢者」という印象が強かったのですが、最近は大学生など若い人も高額な詐欺被害にあったりしているので、明日は我が身です。

自分は大丈夫、と思っていても『仮想通貨』など、知っているようで知らない単語が出てくると、つい騙されてしまうことも多いもの。

今回の記事では仮想通貨など、投資詐欺に使われやすい投資対象や投資詐欺の手口などをご紹介します!

Contents

仮想通貨とは?儲かる?危険?

仮想通貨とは電子データで取引される通貨のこと。

有名なビットコインは仮想通貨の1つです。(因みに、ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言います。)

主にインターネット上でやり取りされています。

2009年以降、ビットコインに始まりイーサリアムやリップル、モナコインなどの仮想通貨が生まれ、仮想通貨の交換業者拡大とともに、仮想通貨の保有が広まりました。

仮想通貨の特徴って?

1・価値を保障するものがない

例えば、電子マネーのSuicaやPASMO、ありますよね?

これらはあくまでも日本円を電子化したもの。円は日本の法定通貨ですから、日本銀行が発行した「円」という信頼性のうえに取引されています。

ただし、仮想通貨にはこうした価値を保障するものがありません。

2・発行に上限があるものも

法定通貨の場合、自分の国の経済情勢に合わせて発行枚数を調整しています。

仮想通貨は発行の上限が決められているものが多くあります。

ちなみに、ビットコインの上限は2100万枚です。

3・換金が可能

電子マネーは換金できず、電子マネーとして使う事が想定されています。

仮想通貨は換金が可能です。

しかも仮想通貨は24時間年中無休で利用することが可能なので、いつでも換金することができるのも特徴です。

仮想通貨は儲かる?危険?仮想通貨のリスクは?

1・価格が変動する

受給のバランス、物価の変動、天災、政変、法令や税制の変更などの要因で価格が変動します。値上がりすることもあれば、値下がりすることもあり、相場を読むのはかなり難易度が高いといえます。また仮想通貨は他の投資先と違って、価格の変動幅がひじょうに高いのが特徴。大きく利益がでる可能性がある反面、大きな損失に繋がります。

2・取引所の経営破綻リスク

通常の銀行や証券会社が破綻しても、預けている資産は守られています。「顧客資産の分別管理」が法律で義務付けられているから。仮想通貨はこうした法令が制定されていないため、取引所が破綻した場合資産は守られず、仮想通貨は返ってきません。

3・法令や税制が変わるリスク

国内の仮想通貨の取り扱いに関する、法令や税制が変わると仮想通貨の下落要因となります。

今の所、仮想通貨で得られた利益は雑所得に分類されるので、株式投資よりも税率が高くなっています。

仮想通貨に投資する時はリスクを知ったうえで!

仮想通貨は、市場の規模が少ないため価格の変動が激しく、株式投資よりも税率が高くなっています。

ですが、24時間年中無休で利用できるため、時間に縛られたくない方や、ハイリターンを狙いたい方にはおすすめです。特に仮想通貨は価格変動が激しく、価格が購入時の数十倍から数百倍へ高騰するケースも珍しくありません。これによって1憶円以上の資産を築いた人を「億り人」と呼ぶなど夢が広がります。

仮想通貨に投資する際は、リスクを知ったうえで投資するようにしてくださいね。

 

仮想通貨によるICO詐欺に要注意

ICOとは『Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)』のこと。仮想通貨を用いたシステムの事を指します。

例えば、会社が事業を始める時、多くの会社は株式を発行して資金を集めます。

株式の代わりに仮想通貨を発行して資金を集めるのがICOです。

投資した企業が成功すれば、投資家も利益を還元してもらえますが、逆に投資したお金が戻ってこないというリスクもあるのです。

ディールコインにリコイン?実際にあったICO詐欺事例

1・ディールコインは、中東の10か国が共同で使用することを目的として生まれた仮想通貨です。およそ100億円もの資金を集めましたが、入金後は連絡がとれなくなり、資金を持ち逃げされた被害者が多くでました。怖いですね。

2・リコインは、アメリカのリコインクラブが不動産に投資してもらうことを目的として立ち上げたICO案件でした。リコインには、不動産の専門家が多く関わっていると説明がされていましたが、そのような事実はなく、4億円もの資金を集めたという公式の説明も虚偽であり3000万ほどしか資金が集められていませんでした。

ICO詐欺に騙されないための3箇条

1・公式HPの翻訳対象が日本語のみ

海外の事業者がICOをしているのに、公式HPが日本語のみの場合は詐欺を疑いましょう。海外に会社の拠点を置いて、日本で活動する意味は何でしょうか?

日本人の金融リテラシーの低い人をカモに使用としている可能性があります。

2・検索結果がおかしい&あやしい

公式HPにある開発者名などの人名を検索してみましょう。

他人の写真を使用している、検索に出てこないような時は、架空の人物である可能性があります。

またICOの掲示板がない場合も、悪評を隠そうとしている可能性があるため要注意。

異様にほめたたえられていたり、悪評ばかりだったりした場合は気を付けましょう。

3・配当率が高い

とにかく配当の高さを売りにしたICO案件は詐欺を疑いましょう。

投資の世界に絶対はありません。絶対儲かる、高い利率が出るという言葉をうのみにしないようにしてくださいね。

仮想通貨は「仮想通貨で儲けた人がいる!」というニュースがクローズアップされがちで、どんなものかを知らないまま「自分も儲かる?」と手を出してしまうとケガの元!

商品の特徴やリスクをきちんと知ったうえで投資するようにしましょう

HYIPって何なの?これってHYIP?手口や見破り方を解説

HYIPとは?

HYIPは『High Yield Investment Program』の略で、日本語にすると『高収益プログラム』のことを指します。

先ほど紹介した仮想通貨とHYIPは相性抜群!

というのも、ニュースなんかで『仮想通貨で億り人続出!』なんて記事があったせいで、あり得ないほどの利率の案件を目にしても「ひょっとして俺も億り人!?」と信じちゃう人がいるから。

HYIPの特徴は「日利1%」とか「月利40%」なんて、めちゃくちゃ高い利率をうたって勧誘していることが多い。

投資の神様で名高いウォーレンバフェット氏でさえ「年利20%」が最高だそう。ということは「月利1.6%」だし「日利0.05%」なので、HYIPの利率は本当にあり得ないほどの利率の高さ、という事がお判りいただけるでしょう。

こんな勧誘には要注意!HYIPはどんな手口?

例えば「ビットコインを自動取引してくれるプログラム。100万円預ければ1ヵ月後に140万円にして返してくれる」というように勧誘されるよ!

それは美味しい、と思ってお金を預けると知らない間に取引所がなくなっていたりして預けたお金は返ってこない…ってね。

HYIPの特徴として「アフィリエイトサイトと連携して勧誘」というのもある!

ネットで調べると、すごくいい事ばかり書いている人しか出てこない、Twitterなどで、ベタ褒めしている画面ばかり出てくる、こんな時は「全員サクラか!」と警戒心を持ってください。

HYIPの見破り方を解説!

1・閉鎖的な場所で勧誘される

セミナーや代理店販売など、閉鎖的な空間で販売されている場合は要注意。

詐欺だから、大々的に開かれないのです。

芸能人などのインフルエンサーに広告を依頼して信頼性を高めようとするものもあるので油断大敵!

また「紹介料を渡すから友人・知人を勧誘して」という紹介料システムを導入しているものもあるので注意が必要。

友人に言われたからとホイホイ信じてしまうと、2人で泣きを見るかもしれない。

2・限定販売

HYIPは「〇〇名様のみ限定販売」などと銘打って、煽ってくるのも特徴的な手口の1つ。早くしないと売り切れちゃう、と思わせて買わせようとする典型的な手法なのだよ。

こんな言葉を見たら、直ぐ買わずきちんと調べてからにしよう。

1つ確かな事は、こうしたセールストークは基本的に詐欺商品なので気を付けよう!

HYIPの特徴は

  • アフィリエイトサイトと連携して、ネットで調べてもいい情報・噂しか出ないよう情報操作する
  • セミナー販売や友人の紹介など、閉鎖的・限定的な空間で勧誘される
  • 高い利回りで「働かずにお金が増える」などをうたう

といったものがある。安易に信じないよう、投資話には常に警戒感をもとう

ジェンコにPGA、巷で話題のポンジスキームとは?

ポンジスキームは詐欺の手法のこと。

100年前のアメリカでポンジ氏が開発した詐欺の形態のことだよ!

ポンジスキームのやり方は4つだけ!

  1. 高利回りをうたう(HYIP)
  2. 小額から投資可能として、最初は10万円くらいから勧誘
  3. 毎月の配当で信頼度を高める
  4. 高額な紹介料システムで新規資金の導入を狙う

こうして新しい出資者からお金をつのり、以前の出資者へ配当と称してお金を支払います。こうすると信用度が高まるので、出資者たちはもっと多くの資金を預けたがります。

最後はそうして集めたお金をすべて持ち逃げしてしまいます。

ポンジスキームを具体的な事例で紹介

1・アルファロック (AlphaRoc)

アルファロックは『2015年から仮想通貨アービトラージで利益を上げている会社』という触れ込みで2020年8月から一般投資家向けにサービスを開始した「最低月利15%」というHYIP案件です。

11月にシステムの一時的な変更のお知らせという通達があり「出金申請を一旦キャンセルする」ことになりました。

続く12月「出金申請した分は20週に分けて支払う」「早期解約の中止(早期解約手数料を支払っていつでも元本を解約できる)」というシステムへ変更。

これだけでももう、会社自体をたたんでお金を持ち逃げする準備をしている気がしますね。

アルファロックの怪しい点を解説

これらの怪しい点はアルファロックに限らず、多くのHYIP案件に共通しています!

次に同じような案件を見た時「ここを調べよう!」という目安にして下さいね

1・アルファロックが2015年から運用している事実が確認できない

あまり細かく書くと怒られる可能性があるので、書けませんが、北米版のGoogleでアルファロックについて検索しても自社のページしか出てきません…。アメリカ人や2015年から利用している一部の投資家によるレビューなどは全く見当たらず…2015年から本当に運用されていたのか疑問が残ります。

2・運営会社の住所がまさかのコワーキングスペース
コワーキングスペースのHPコワーキングスペースの住所
アルファロック公式HPの住所アルファロックの公式HPの法人住所

 

2015年から富裕層向けに投資運用している会社の住所がまさかのコワーキングスペースという…。

しかも、調べればすぐわかる事なのに

「こうした案件に金を出す奴はどうせ何も調べないだろう」と思っているのが見え見えですね。

3・月利は高いが元を取るのは時間がかかる

アルファロックの配当は預けた金額によって変動します。

月利15%を受け取るためには、100万円(10000ドル)預けるひつようがあります。

ここでアルファロックの預けた資産と受け取れる利益の表をチェック!

投資額(ドル) 利益(日)
1000~4999 0.3%
5000~9999 0.3%
10000 0.5%

100万円入れて、元手を回収するのに単利なら7ヵ月かかり、複利でも5カ月要します。

また「はじめて元本金を追加した日から1年間は早期解約手数料が発生」してしまうというデメリットが。

元本を回収するまでの間に会社が出金停止され飛ばれてしまうと、預けたお金が一銭も返ってこない可能性もあるので注意です。

アルファロックについては、現在出金停止で、いつ会社自体がなくなってもおかしくない状態です。

 

2・キュービテック (QubitTech )

2020年8月ごろに日本に上陸?

『キュービテックは個人投資家に最も安定した収入を生み出す仮想通貨運用プラットフォームを提供します』といった触れ込みで宣伝活動をしていました。

しかし、キュービテックがコアテクノロジーについてToridion社と技術提携していると紹介していたにも関わらず、Toridion社からは「技術提携はいっさいありません」とまさかの注意喚起が。これだけでも、キュービテック怪しいですね。

まだ出金停止といった事実はないようですが、問合せに返答がないといった声も聞かれます。

出金時には出金額の2.5%が手数料として差し引かれること、1週間に出金できる金額の上限が設けられている点から考えても元を取るまでに出金停止になってしまいそうです。

 

3・被害総額は400億円プランスゴールド(PGA)

2020年5月にリリースされた投資案件です。

月利15%~20%をうたっており、紹介報酬制度が導入されていたこともあり多くのインフルエンサーがこぞってSNSで投資勧誘していました。

リリース直後から注目を集めていましたがこんな指摘も。

  • 公式サイトのアクセスが9割日本人(海外で会社を設立して日本人向けサービスを行う理由は?)
  • 中国版フォーブスに掲載(利用者のいない中国版フォーブスでプランスゴールドに関する記事を掲載された?)

そして2020年8月、プランスゴールドから出金しようと申請しても22営業日かかってやっと出金できるという状況になります。

出金するのに1ヵ月もかかるなんて通常ありえないし、心配になりますよね。

いよいよ2020年10月、出金停止に。

理由は中国の長期連休のためということですが、中国の連休と出金システムに何の関係があるのか、よくわかりません。

来る2020年11月10日、ついに公式サイトにアクセスできなくなります。もちろん、出金は停止状態のままです。

プランスゴールドについては、被害規模は400億円にもなり、学生から老人まで老若男女問わずまんべんなく被害にあったと言われています。

あわせて読みたい
PGA プランスゴールド アービトラージ
PGA(プランスゴールドアービトラージ)飛んだ!?出金不可!?ほんと!?ご訪問ありがとうございます。 管理人のしのぶです。 大阪生まれの大阪育ち、阪神タイガースと資産運用(主にFX)が大好きな、 グ...

 

4・ジュビリーエース

2019年6月に公開された投資サービス。アクアという自動売買システムを使って月利20%(月利20%をうたう案件多いな!)

高利益が出せるといった広告宣伝で出資者を集めていました。

プランスゴールドと同じく紹介料システムを導入し、大学生や新社会人など金融リテラシーの低い人を狙ってセミナーなどで勧誘されていました。

SNSでも「ジュビリーエースは稼げる!」と吹聴してまわる人が多くいて一部投資家の間で過熱していたHYIP案件です。

ただし、ジュビリーエースは出金制限が設けられており、紹介なしの場合は元本を回収するのに最短1年、初期投資額によっては2年かかる状況。

初期費用すら回収していない人たちが「稼げました!」と盛り上がっていた状況には一部の冷静な方からツッコミが入っていました。

2020年7月頃、から一部投資家の間で出金できないという話が出ていたようですが、9月に公式に11月末までの出金停止が発表されました。

アナウンスされた11月も過ぎた12月、ついにジュビリーグループは全てのサービスを停止し、入出金がいっさいできない状態になりました。

あわせて読みたい
ジュビリーエースが出金停止!お金は戻る!?最新情報を調査「銀行を必要としない分散型アービトラージ」 「月利20%」 非常に魅力的なうたい文句ですよね? こんな広告で多くの投資...

 

5・ジェンコ(JENCO)

ジェンコは、前述したジュビリーエースの上級版。

JENCO(ジェンコ)

JUBILEE ACE(ジュビリーエース)

AQUA Labs(アクアラブズ)

これらすべての会社が業務を停止し、出資者が預けた資金は持ち逃げされてしまいました。

ちなみに、前述したプランスゴールドの運営所在地が上記の3社は同じであったことが判明しており、プランスゴールドとジェンコは運営母体が同じである可能性が高くなっています。

これらの会社は海外に拠点を置いているため、日本で詐欺だと訴えても警察は捜査できません。クーリングオフなど日本の法律にも従う義務がないので、じつはかなり日本の投資家にとってはリスクが高いのです。

 

HYIPにポンジスキーム、投資詐欺に騙されないために!

ここまでに紹介してきた、アルファロック、キュービテック、プランスゴールド、ジュビリーエース、ジェンコといったHYIP案件はポンジスキームであると考えられます。

「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと勧誘しておきながら、実際には資金運用を行わず、後から参加する出資者から新たに集めたお金を、以前からの出資者に『配当金』などと偽って渡すことで、あたかも資金運用によって利益が生まれ、その利益を出資者に配当しているかのように装っているのです。

「誰でも簡単に大きな利益が出せる」と誘われても、一度立ち止まって自分自身の頭で考えなければいけません。

最後に

ネットビジネスに簡単はないと思います。「誰でも簡単に大きな利益が出せる」なんて言われてもそんなものが巷にあふれてたらみんなお金持ちになっちゃいますよね。

しかしそんな悪質というか詐欺的な情報が溢れる中で本当にいいものがあるのも事実なのです。しかしながら自分の時間とお金を使ってひとつひとつ検証していくのは容易ではありません。いいものに巡り合えず資金を失ってしまっては本末転倒。

しかし、今これを読んでいるあなたはこれ以上その出会いの作業を続ける必要がありません。なぜなら私のブログで紹介しているツールが本当にいいものだからです。

私に時間的にも金銭的にも自由を与えてくれたツールで低資金から始めれてフォワードテスト実績も十分、1800名を超えるユーザーコミュニティがあり、サポートも万全のこの無料のツールでまずははじめてみてはどうでしょうか。

あわせて読みたい
今一番稼げるFX自動売買EAはBeast+(ビーストプラス)当ブログでも紹介している人気のFX自動売買EA「ビースト(Beast)」の進化版ビーストプラス(Beast+)が登場!! http...

ツール利用者には更にお得な特典「0から30万の資金を作る最新版資金調達プログラム」もついています。

ツールを使う時間も知識も何もかもが不足しているという人にはこちらのプロによる完全裁量による自動売買システムという全く完全放置でいい次世代型自動売買システムをご覧ください。利益出金も自由にできるので安心です。しのぶからの紹介でシステム代無料で参加できます。

あわせて読みたい
プロトレーダーによる高月利!完全裁量システムSAVANNA(サバンナ)登場!SAVANNA(サバンナ)はプロによる完全裁量トレードという全く完全放置でいい次世代型自動売買システムです。では、そのシステムの詳細につ...

月利77%をたたき出したFX自動売買ツールを無料プレゼント中!詳しくはこちら