FX関連

FX海外口座ってどうなん?国内口座との比較&オススメTOP3 

海外FX口座

国内FX業者と海外FX業者、どちらを利用すればよいのか迷っている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、国内FX業者と海外FX業者を比較しながら、国内業者に比べると認知度の高くない海外FX業者に焦点を当てて、魅力やオススメの業者を紹介していきます。

海外FXの魅力とは?

数多くの国内FX業者がある中で、わざわざ海外のFX業者を利用する人が一定数いることを考えれば、海外FXならではの魅力があるはずです。

まずは海外FX業者の魅力について、3点紹介します。

ハイレバレッジトレードが可能

  海外FX業者にしかないメリットに、ハイレバレッジトレードが可能であることが挙げられます。

国内FX業者のレバレッジは金融庁によって最大25倍に規制されていますが、規制のない海外FX業者では400倍は当たり前、業者によっては1000倍以上のレバレッジをかけることが可能です。

1000倍のレバレッジを掛けられれば、わずか1000円で100万円分のトレードが可能になります(1ドル100円として計算)。一方で25倍のレバレッジであれば、証拠金維持率100%に維持するためには、4万円が必要になります。

ハイレバレッジトレードが可能ということは、大きなリターンを狙えるのと同時に、入金する証拠金が少なくて済むことを意味します。トレードの幅を広げる意味では、ハイレバレッジをかけられることは非常に魅力的です。

ゼロカットシステムが導入

  海外FXの魅力の一つは、ゼロカットシステムが導入されていることです。急激な相場変動に巻き込まれると、稀にですが強制ロスカットが間に合わないことがあります。

そうなると、口座残高がマイナスになってしまい、最悪の場合は借金を背負ってしまうことになりかねません。

そんな危険性をゼロにしてくれるのがゼロカットシステムです。ゼロカットシステムはその名の通り、口座残高のマイナス分をカットしてゼロにしてくれるシステムです。

ゼロカットシステムがあれば、どんなに損失を出しても、海外FXを利用している限り、入金した金額以上の損失を出すことはありません。

しかも、海外FXではハイレバレッジトレードが可能なため、入金する金額はそれほど大きなものになりません。ハイレバレッジ&ゼロカットの組み合わせでリスクを最小限にして、大きな利益を狙っていくことができるのです。

一方、国内FX業者では、ゼロカットシステムが導入されているFXブローカーはありません。この理由は、顧客のマイナス残高を補填してはいけないという日本の法律があるからです。

滅多にあることではありませんが、借金を抱えてしまうという最悪のケースを考えながらトレードしなければならないというのは、国内FX業者を利用するデメリットと言えるでしょう。

ボーナスが豊富

  海外FXの魅力の一つに、ボーナスの内容が非常に豊富なことが挙げられます。ボーナスには、新規の口座開設ボーナス、入金ボーナス、取引ボーナスなどがあります。

特に新規の口座開設ボーナスは非常に魅力的と言えるでしょう。口座開設ボーナスを使えば、入金することなく、トレードを行うことができてしまいます。

前述したようにハイレバレッジトレードが可能なため、ノーリスクで大きなリターンを狙うことが可能です。

ボーナス額は各業者によって様々です。例えば、人気海外FX業者のXMでは、口座開設ボーナス3000円、入金ボーナスは5万円までの入金額に対して100%、5万円~50万円までの入金額までは20%となっています。

GemForex(ゲムフォレックス)が時々やっている口座開設ボーナス2万円キャンペーンは入金不要で2万円ボーナスを付与して即取引を開始することが可能です。

また、時期によって、FX業者が大盤振る舞いするケースもあります。IS6FXではオープニングキャンペーンとして、新規口座開設ボーナス6万円が用意されたこともありました。

もちろん、国内FX業者でもキャッシュバックキャンペーンという形で、取引量に応じていくらかお金を支給されることがあります。ですが、初心者にとっては少しハードルが高いと感じるものが多いのが事実です。

海外FX業者のボーナスの方が初心者向きで、しかもダイナミックに使える印象があります。

国内FX業者 VS 海外FX業者の徹底比較

ここまで、海外FX業者の魅力を紹介してきましたが、もちろん国内FX業者が全く駄目というわけではありません。

国内FX業者にも海外FX業者にも強みと弱みがあり、総合的に判断して、自分が利用するFX業者を選択することになります。

そこで、FX業者選びで重要な項目をいくつか取り上げて、国内FXと海外FXの評価を付けてみました。

信頼性

国内FX業者 ★★★★★   海外FX業者 ★★★★☆

まず信頼性についてですが、この点については国内の金融庁の監視下にある国内FX業者に軍配が上がります。一方で海外FXでは、各国の金融庁に無登録の業者も多く、出金トラブルの噂もちらほら聞かれます。海外FX業者を利用する場合は、金融ライセンスを取得している業者を選択し、いくつかのFX業者に資金を分散させるのが望ましいでしょう。

収益性

 国内FX業者  ★★★☆☆    海外FX業者 ★★★★★

収益性については、海外FX業者の方に軍配が上がります。ハイレバレッジトレードが可能なこと、ボーナスを証拠金にプラスできることで、ダイナミックなトレードが可能です。さらにゼロカットシステムが導入されていることから、リスクを限定して安全にトレードを行える環境が用意されています。一方で国内FX業者はレバレッジ25倍に限定されている上、借金を背負ってしまうという不安を抱えながらのトレードになってしまいます。

コスト面

国内FX業者 ★★★★★     海外FX業者 ★★★★☆

FX業者を利用してトレードを行う場合、様々なコストが発生します。コストには入金するときや出金するときにかかる手数料、取引を行うときにかかる手数料などが挙げられます。また、手数料という名前はついていませんが、スプレッドも実質的な手数料と考えられるでしょう。このようなコストは、国内FX業者の方が安くなっています。国内業者の場合、入出金は完全無料、スプレッドも狭いためコストをかけずにトレードすることが可能です。

サポート 

国内FX業者 ★★★★★  海外FX業者 ★★★★☆

サポートに関しても、やはり日本人スタッフ完全対応の国内FX業者に分が上がります。一方で海外FXでも日本人スタッフによるサポートは充実してきているので、日本語対応が可能なFX業者を選べば、国内業者と遜色ないサポートが受けられるでしょう。

約定力

国内FX業者 ★★★☆☆  海外FX業者 ★★★★☆

約定力に関しては、業者によって様々ですが、全体的な傾向は海外FX業者に分がありそうです。海外FX業者の多くは、ディーラーを通さずにインターバンク市場に直接注文を通すNDD方式が採用されています。そのため、約定力が高い傾向にあり、スリッページや約定拒否が起こりにくくなっています。一方で国内業者の多くは間にディーラーが仲介するDD方式が採用されているため、約定力は今一つといったところです。

税金

国内FX業者 ★★★★★  海外FX業者 ★★★★☆

ハイレバレッジが魅力の海外FX口座ですが利用していく際、日本での納税や確定申告は必須になります。国内FXと海外FXの違いを税金で見ていくと、国内FXは申告分離課税という扱いになり一律20%と決まっています。一方海外FXは総合課税(累進課税)なので税率は利益が増えるごとに上がっていきます。最大50%まであがっていきますが、一般的に195万円以下の利益である場合、税率は総合課税の方が15%と低く、330万円以下であれば、申告分離課税と同じ、20パーセントになります。
FX初心者がいきなり年間300万円を超える利益を出すのはなかなか大変だと思います。なのでFX初心者にとっては、海外FXの税制度の方が優しいわけです。

国内FX業者 VS 海外FX業者のまとめ

今回は5つの項目から、国内FX業者と海外FX業者を比較してみました。業者による差が大きいため、あくまで国内FX全体、海外FX全体の傾向を比較したと考えてもらえればよいでしょう。

それぞれの項目で長所や短所がありますが、5つの中で最も顕著な差がある項目は収益性です。国内FX業者は金融庁のレバレッジ規制によって、収益性が大きく損なわれている現状があります。

そんな中、規制のかからない海外FX業者の収益性は相対的に大いと言えるでしょう。海外FX業者は、国内FX業者に劣る面もありますが、極端なデメリットとは言えません。

特にFX業者選びを間違えなければ、信頼性、コスト、サポートといった面でも、国内業者に引けを取らないサービスを受けることができるでしょう。

さまざまな海外FX業者

国内FXと海外FXの傾向を大まかにですが分かってもらえたのではないでしょうか。その中で、海外FXの魅力も知ってもらえたと思います。

ここからは話を海外FX業者に移していきたいと思います。ここまで国内FXと海外FXを単純に分けて話を進めてきましたが、海外FX業者とは、日本以外を本拠地としているFX業者すべてを指します。

そのため、世界中に数えきれないほどのFX業者が存在しており、一体どこの業者を使えばよいのか、という話になってきます。

ですが、業者選びに関しては心配要りません。一般的に日本人トレーダーが利用する海外FX業者は、ある程度の知名度があり、日本人向けの対応もしっかりとしている場合がほとんどです。

では、そのような有名どころの海外FX業者にはどんなものがあるのか、チェックしていきましょう。同時にレバレッジや銘柄数といった、基本的なスペックも表で確認していきます。

これらのFX業者は実績が豊富で、数多くの日本人ユーザーを抱えていることから、信頼性は十分です。サービスの質も高いことから、質の高いトレードをサポートしてくれるでしょう。

また、7業者すべてにゼロカットシステムあることから、国内FX業者以上の安心感を持てるというトレーダーも多いようです。

さらに、日本語サポートがあることを考えれば、どのFX業者を利用しても、口座開設から取引、出金まで問題なく行うことができるでしょう。

海外FX業者選びのコツ

7つの業者のうちどこを利用しても、問題なく取引できることは間違いありません。しかし、それぞれの業者のサービスには特徴があります。

そのため、より自分に合うFX業者を選ぶための工夫が必要になるでしょう。多くのトレーダーが業者選びのポイントとして挙げるのは、自分の経験、トレードスタイル、トレード目的、取引金額などです。これらのポイントを考慮すれば、以下のような業者選びを行うことができます。

・ボーナスを使って大きな利益を狙いたい方⇒GemForexやXMなどボーナスが豊富なFX業者

・スキャルピングを行いたい方⇒Land-FXやAxioryなど、スプレッドが狭くてスキャルピングが禁止されていない口座タイプのあるFX業者

・少額で試しに使ってみたい方⇒XMなど、少額入金が可能なFX業者

・とにかく大きなリターンを得たい方⇒FBSやGemForexなど、1000倍以上のハイレバレッジをかけられるFX業者

このように、業者の特徴をとらえて、自分に合った業者を見つけることはとても大事です。ただ、総合力という点では、有名な海外FX業者の間でも差が生じてきます。

次に、総合的に見たとき、おすすめしたいFX業者トップ3をランキングで紹介していきます。特にこだわりの無い方は、総合力で特に優れたFX業者を選ぶのが無難でしょう。

おすすめの海外FX業者トップ3

ここからは、海外FXを始めるとき、このFX業者を使っておけば間違いないという、おすすめの海外FX業者を紹介していきます。海外FX業者の強みであるリターン性はもちろん、信頼性やコスト面などを考慮しながらトップ3を紹介します。

1位 XM Trading(エックスエム)


1位はXM Trading(エックスエム)としました。XMは日本で最も知名度の高いFX業者です。日本人スタッフは15名以上在籍していることから、日本語サポートの質も申し分ありません。平日であれば24時間Eメールやライブチャットで手厚いサポートを受けることができます。

XM Trading公式ページ

セーシェル諸島で金融ライセンスも所得しているため、信頼性も抜群。安心の運営体制のもと、888倍のハイレバレッジと豊富なボーナスを駆使すれば、大きな利益を狙っていくことができます。

スプレッドがやや広いことはデメリットですが、スリッページが発生しにくいことを考えれば、デイトレードやスイングトレードを行うのであればさほど気にならないでしょう。

スキャルピングを行いたいという方も、スプレッドの狭いゼロ口座を利用すれば満足のいくトレードができるはずです。

口座タイプは3つあり、最小10通貨の取引が可能なマイクロ口座も用意されていることから、初心者の方も利用しやすい環境が整っています。海外FXの口座をまだ開設したことがない方に、まずオススメしたいのがXM Trading(エックスエム)です。

 口座開設ボーナス3000円分入金ボーナスが初回5万円まで100%ボーナスがあるので5万円の入金で実質103,000円を使って、高性能な取引システムを体感してみましょう。

2位 iFOREX(アイフォレックス)

第2位のiFOREX(アイフォレックス)は、日本では「アイフォ」の愛称で親しまれている運営歴24年の老舗業者です。運営実績は十分で、英領ヴァージン島、ハンガリー、キプロスの3か国でライセンスを所有していることを考えれば、信頼性は抜群と言えるでしょう。

iFOREX公式ページ

これほど運営歴が長いにもかかわらず、出金拒否などの悪い噂は聞かれません。サポートも充実しており、メール、チャット、電話、FAXすべて熟練した日本人スタッフが対応してくれます。

iFOREXの魅力は多々ありますが、強制ロスカット水準が0%であることは特筆すべき点です。入金ボーナスが豊富なので、「ボーナスを使ってハイレバレッジトレードで一気に資金を増やす」、というトレードがしやすい点も大きな魅力と言えるでしょう。

また、レバレッジや約定力は海外FX業者としては並みの水準ですが、スプレッドは海外FX業者としては狭い方です。スキャルピングこそ禁止されているものの、デイトレードは禁止されていないので、デイトレーダーにもおすすめしたいFX業者です。

3位 Gem Forex(ゲムフォレックス)

第3位はGemForex(ゲムフォレックス)です。ゲムフォレックスは、2014年に営業開始した当初は金融ライセンス登録がないちょっと怪しげな海外FX業者という感じでしたが、2019年にニュージーランド金融ライセンスを取得後は評判もまずまずです。

GemForex公式ページ
スプレッドも狭くレバレッジも1000倍、ボーナスもあるので少額から始めたい方にはメリットが大きいです。特に口座開設キャンペーンのボーナスが入金不要で1~2万円あることが多いので、2万円キャンペーンの時に口座を作れば入金せずともボーナス2万円分をレバレッジ1000倍で取引を即開始することができます。もちろんそこから得た利益分は出金可能なのでノーリスクで利益を出すことも可能です。

元々はEA(自動売買ソフト)の無料提供サービスをする会社だったので、現在も無料でEAが使えるサービスや、さらにゲムフォレックスでは「ゲムdeミラートレード」という名称で母体であるGem-Tradeに登録されているEA、または、海外の優秀なEAや有名トレーダーによるライブトレード配信を自社サーバーで稼働させ、そのシグナルを自分の口座に直接繋ぎ、ダイレクトに発注させるミラートレードサービスも無料で使えます。

経営陣が日本人ということもあり、日本語サポートも充実しており、メールやチャットだけでなく、電話にも完全対応しています。

GemForex キャンペーン

まとめ

  金融庁の規制がかからないことで、海外FX業者には国内FX業者にはない高い収益性が実現されています。

今回の記事を参考に上手に業者選びを行えば、高いリターンを得られる取引環境でFXに挑戦することができるでしょう。

私の自動売買での成功経験の共有と、優良な情報をみなさんに提供できるように現在はアフィリエイターとしても活動しています。

いろんな稼げる情報を配信していきますので、ぜひLINE友達追加をお願いします!

只今しのぶを友達登録していただいた方限定!直近3か月連続で月利77%をたたき出したFXツールを無料プレゼント中!

友達追加後「無料ツール希望」とメッセージください。

月利77%をたたき出したFX自動売買ツールを無料プレゼント中!詳しくはこちら